セカンドライフの土地の所有方法とは...

土地の所有方法
土地を所有する場合、一般的にメインランドで購入するか、プライベートランド内で貸し出されているスペースを借りる方法がある。

両者の大きな違いは、メインランド購入の場合は リンデンラボにアカウントの支払いをする必要があるが、プライベートランド賃貸の場合は土地の所有者に対して支払いを行うため、プライベートランド賃貸の条件次第では無料アカウントでも可能だということ。
大概の場合、料金が発生することには変わりない。


ファーストランド
ファーストランドという名目で、一度だけメインランドの土地を512sqmのみ512L$で購入する権利が与えられていた。

これは、有料アカウントに変更した後でサイズに関わらず土地を購入していない場合のみ対象となる。一時的にでも土地を個人で所有した場合は対象から外れる、ということでもある。

たとえ購入直後にグループ所有にした場合でも例外ではない。 土地を所有することを奨励する意味で行われていたが、運営側の望まない形での利用(転売・買占め)が横行したため、この形式での提供は終了した。


サンドボックス
全てのユーザ向けに解放された土地であり、その土地に定められたルール内で自由に使用することが可能。

殆どのケースで、商品販売不可・武器使用不可などの制限が課せられている。人が集中する上に、存在するオブジェクト数と動作するスクリプトなどが多いため、全体の負荷が高いことが多い。


ウェルカムエリア
初めて間もないユーザが操作に慣れることを目的に作られているスペース。公式側で用意した土地以外にも、企業や一般ユーザの手によって用意されるケースもある。

アカウント作成後、殆どの場合このスペースに移動させられるため、人が集中して負荷が高くなっているケースが多い。


Wikipediaより

posted by キラ at 10:40 | 日記2

セカンドライフの土地

土地
SecondLifeの大半の行動は土地単位で制御がなされる。
陸地だけではなく水面も含まれる。一部の公式用地を除いて、全ての土地はユーザの所有物であり、それらユーザによって行動が制限されることがある。

ユーザ所有の土地の中にも限りなくパブリックに近い土地があるが、いずれの場合のおいても規約に反しない限り、その土地の所有者による方針が優先される。


面積の単位
土地はsqm(平方メートル)を単位として呼称され、土地の広さの最大値は65,536sqmである。最大値の面積の土地をSIMと呼称し、65,536sqmより広い土地はSIMを単位として呼称される。

土地の所有者は土地の各種設定を変更できる。分割及び結合もできるが、結合する場合の最大値は65,536sqmである。土地はメインランドとプライベートランドに分かれる。


メインランド
メインランドは リンデンラボがsqm単位もしくはSIM単位でのオークションによる分譲、または所有していたユーザが売却しているものから購入を行う。

所有した面積に応じて維持費が発生するが、512sqmまでは維持費が発生しない。なお、メインランドの土地を所有するためには、アカウント料金の支払いを行う必要がある。

メインランドに土地を所有したアカウントが削除、あるいは土地の所有権が消滅した場合、その土地の所有権はLinden Labに移される。


プライベートランド
プライベートランドはユーザが リンデンラボからSIM単位で購入を行う。
メインランドとの大きな違いは、SIM単位の各種設定を変更できること。メインランドの1つのSIM内で65536sqmの面積を所有しても、SIM単位の各種設定は変更不可能。

Wikipediaより


posted by キラ at 10:36 | 日記2

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。